« スマートフォンのゲームアプリの学習効果は低いが視力低下効果は高い | トップページ | 本当に眼に悪いのだよ!パズドラ »

2018年4月21日 (土)

こどもの近視治療

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

眼科に頼るならミドリンMという点眼薬などが淡い期待の唯一の拠り所です。仮性近視で処方されたミドリンMやミオピン、サンドールP等は効き目はあまり期待できないばかりか、使い方によってはとても危険な場合があります。こどもが仮性近視にならないようにするには、日常的な注意が必要です。一寸でも目を離していると、子供は平気で目を悪くします。こどもが眼を悪くしてしまったのは。親がちゃんと気にしてやらなかったからです。親としては子供のために視力低下の知識を事前に得て、多少厳しくても正しい指導をすべきであったかもしれませんね。眼病を治すのが眼科医の本来の大義と捉えていて、視力低下はいずれメガネで矯正と当然のように考えている眼科医が大半でしょう。近視の最大の要因、小さなゲーム機や携帯電話の画面を凝視すること、それらは子供が大好きなことです。

しかしある程度続けないと効果はでないとされています。

メガネの生活になることに意外に子供はのほほんとしていたりします。でも親に気を使ってかわかりませんが、辛い近視人生の開始となったのは確実です

そして数週間様子を見ることになります。実は仮性近視は眼科へ通い続けても良くなりません。子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。嘆かわしいのはこうした最先端の娯楽機器の誘惑が子どもたちに襲いかかり、その提供企業は自信の利益を再優先して、良心的な対策を取っていない事です。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視程度なら良いほうかもしれません。でも対策を間違えないで下さい。差したあと滲みる、痛いなど決して評判のよくないその点眼液を数週間使用してから、検査、または再検査を経て、結局は「そろそろメガネにしましょうか?」の決まり文句、どこかで誰かが言っていた通りの言葉。ある視力回復インストラクターは言います。眼科は眼病を治療するところ、眼科には視力を回復させようという意識はない。その真の意味は?

« スマートフォンのゲームアプリの学習効果は低いが視力低下効果は高い | トップページ | 本当に眼に悪いのだよ!パズドラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2180568/73343121

この記事へのトラックバック一覧です: こどもの近視治療:

« スマートフォンのゲームアプリの学習効果は低いが視力低下効果は高い | トップページ | 本当に眼に悪いのだよ!パズドラ »