« PSPなどは視力低下の最大原因 | トップページ | 視力低下の最大原因携帯ゲーム器 »

2018年9月30日 (日)

子供の視力回復~視力アップの常識の嘘

子供が目を悪くしてしまうと、眼科ならもしかして仮性近視を治す秘策を伝授してくれるかもしれないと期待して、眼科医を訪ねます。その理由は様々ありますが、もし仮性近視の特効薬があっても眼科ではそれをススメないでしょう。処方された点眼薬ですが、この薬の作用や内容をご存知の方は意外に少ないのです。眼科医で処方される仮性近視の改善のための点眼薬サンドールP等があります。眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。嘆かわしいのはこうした最先端の娯楽機器の誘惑が子どもたちに襲いかかり、その提供企業は自信の利益を再優先して、良心的な対策を取っていない事です。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

もうこうなった時点では遅いのです。もう黙ってその眼科の隣りか向いにある眼鏡店へ処方箋を持って行き、あとはひたすら度の強いメガネに買い替える人生。

仮性近視が良くなることを期待していたが、眼科でついに「そろそろメガネですかね…」と平然と言われてしまうと、親として子供にすまない気持ちになってしまいます。こどもの視力低下には注意が必要です。油断しているとアッという間に眼を悪くします。子供の視力低下は親の責任です。親としては視力低下の原因を認識して、予防や対処に務めるべきだったかもしれません。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

この点眼薬は魔法の薬ではありません。近視の特効薬でもありません。子供は油断しているとどんな子でも目を悪くする可能性があります。

眼科は本気であなたの仮性近視が治るとは思っていません。ある視力回復インストラクターは言います。眼科は眼病を治療するところ、眼科には視力を回復させようという意識はない。その真の意味は?

しかしある程度続けないと効果はでないとされています。

« PSPなどは視力低下の最大原因 | トップページ | 視力低下の最大原因携帯ゲーム器 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力アップの常識の嘘:

« PSPなどは視力低下の最大原因 | トップページ | 視力低下の最大原因携帯ゲーム器 »