« こどものための視力回復 | トップページ | PSPなどは視力低下の最大原因 »

2018年9月26日 (水)

子供の視力回復~視力改善の常識の嘘

実はこのミドリンMやミオピンという点眼薬は視力を元に戻す薬ではなく、ピント調整筋を麻痺させ瞳孔を開かせるためのものです。仮性近視が眼科で治らなかったのは仕方がないことです。眼科では点眼でダメならあとはメガネというパターンが多いからです。何故でしょうか?

点眼を続け、数週間ごとに視力を検査しますが、悪くはならないこそ良くもならないのがせめてもで、いずれやがては「メガネをつくる」ことを勧められますしかしある程度続けないと効果はでないとされています。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

こどもが目を悪くしないようにするには、常日頃の注意が大事です。気を抜いていると、ちょっとした隙に目が悪くなっていたりします。子供の視力低下は保護者の責任です。親としてはできることはやってやりたかった、子供の視力低下を認識した時点で、手遅れと感じながらも、そう思ってしまうかもしれませんね。子供の仮性近視が増えています。これは文明の利器がもたらす悪影響に成長期の子供たちが真っ先にさらされている危惧すべき状況と言えるでしょう。これは現代の社会が近視を誘発させる状況を放置し続ける限り、子どもたちが危機にさらされ続け一層の悪化をたどることになるでしょう。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

眼科では近視は眼病の患者とは明らかに違う扱いだと感じてしまうのはなぜでしょうか?瞳孔を開く薬、名前がミオピンという点眼薬などは仮性近視の症状でよく処方されます。でもここで真剣な親ならダメ元でも何とかならないか考えるでしょう。無駄な足搔きでしょうか?実はそんなことはないのです。あなたの知らなかった視力回復法に行き当たる可能性もあるのです。

子供が目を悪くしてしまうと、まずは眼科に連れてゆきますね、眼科ならもしかして仮性近視を治すことができるかもしれないと言う期待を持って...この薬を毎晩寝る前に差す、毎日必ず続けるように言われ様子を見ることになります。もし視力が回復する患者さんが続出するなら死活問題になってしまうのです。これは現代の社会が近視を増長する発光画面を製造し続ける限り、解決の道は遠いでしょう。ともあれわが子の視力低下となればそんな悠長なことは言ってられません。

« こどものための視力回復 | トップページ | PSPなどは視力低下の最大原因 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力改善の常識の嘘:

« こどものための視力回復 | トップページ | PSPなどは視力低下の最大原因 »