« 子供の視力回復~あかるい近視治療 | トップページ | 子供の視力回復~視力改善の常識の嘘 »

2018年9月20日 (木)

こどものための視力回復

仮性近視には必ずと言ってよいほど処方されるミドリンMなどの点眼薬があります。実は仮性近視は眼科へ通い続けても良くなりません。眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これは文明の利器がもたらす悪影響に成長期の子供たちが真っ先にさらされている危惧すべき状況と言えるでしょう。現代社会の意識がこうした事実に真剣に対処しなければ、子どもたちの犠牲が増え続ける一方であることは間違いありません。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。

もうこうなった時点では遅いのです。もう黙ってその眼科の隣りか向いにある眼鏡店へ処方箋を持って行き、あとはひたすら度の強いメガネに買い替える人生。

仮性近視のお子さんが眼科で検診を受け続けていては手遅れになることがある、こう言い切る視力回復インストラクターがいます。その真意は?

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

この薬を毎晩寝る前に差す、毎日必ず続けるように言われ様子を見ることになります。子供には厳しく目の正しい習慣付けをしないと、将来視力だけでなく重大な眼の障害も抱える可能性が高くなります。大丈夫まだ間に合います。

差したあと滲みる、痛いなど決して評判のよくないその点眼液を数週間使用してから、検査、または再検査を経て、結局は「そろそろメガネにしましょうか?」の決まり文句、どこかで誰かが言っていた通りの言葉。あえて面倒な近視患者は放っておいたほうがよいと考えるのが普通ではないでしょうか。子供の視力低下は深刻な問題で、早急な対処が望まれます。油断しているとアッという間に眼を悪くします。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親として子供の視力にはもっと気を使うべきであった、なんという思慮不足だったのかと後悔してしまうかもしれませんよね。実はこのミドリンMやミオピン、サンドールPという点眼薬は視力を元に戻す薬ではなく、本来は瞳孔を開かせるために特殊な目的で使う薬なのです。子供が目を悪くしてしまうと、まずは眼科に連れてゆきますね、眼科ならもしかして仮性近視を治すことができるかもしれないと言う期待を持って...しかし瞳孔拡張点眼薬で一時的に硬直していた毛球筋が元の弾力に戻っても、DSやPSV等で近くを長時間凝視する習慣を続ければ、視力調整能力はまた近くに固定されてしまいます。

« 子供の視力回復~あかるい近視治療 | トップページ | 子供の視力回復~視力改善の常識の嘘 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こどものための視力回復:

« 子供の視力回復~あかるい近視治療 | トップページ | 子供の視力回復~視力改善の常識の嘘 »