« 視力低下iphoneゲームアプリシステム | トップページ | 子供のための視力アップ »

2019年2月26日 (火)

子供の視力回復~近視治療ストーリー

眼科医で視力が回復すると考えているなら愚かなことです。瞳孔を開く薬、名前がミドリンMという点眼薬などは仮性近視の症状でよく処方されます。子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視の段階ならラッキーでと捉えましょう。真性近視という、近視確定、即メガネという診断にならなければ、まだ救いの道はあります。この薬を仮性近視に使用するのを疑問視する声もあります。

ただ極稀に視力が少し戻る場合もあるのですが、ほとんどは真性近視に推移するだけです。眼が悪くなるから勉強しないなんて悪たれをつく子供でも、本当に目に悪いDSやPSPなどの発光画面なら平気で何時間も続けられます。

眼科ではやがて、当然のような感じで「そろそろメガネですね…」と告げてきます。もうその時点では覚悟ができてしまっていて諦めの境地ということになってしまいます。このミドリンMやミオピン、サンドールPはその使用に関しては疑問視する眼科医もいます。仮性近視のお子さんが眼科で検診だけを続けていては手遅れになる、これはある視力回復インストラクターが自信を持って言い切った言葉です。さてその真偽は?

子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これは文明の生み出す利点により犠牲となってしまった現代社会の副産物的現象です。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

まだ初期段階の仮性近視なら視力はある程度回復することも稀にあります。でもここで真剣な親ならダメ元でも何とかならないか考えるでしょう。無駄な足搔きでしょうか?実はそんなことはないのです。あなたの知らなかった視力回復法に行き当たる可能性もあるのです。

こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。

« 視力低下iphoneゲームアプリシステム | トップページ | 子供のための視力アップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療ストーリー:

« 視力低下iphoneゲームアプリシステム | トップページ | 子供のための視力アップ »