« スマホのゲームアプリはこどもの視力の敵 | トップページ | 本当に眼に悪いのだよ!スマホのゲームアプリ »

2019年2月12日 (火)

子供の視力回復~近視治療を本気で考える人のために

こどもの視力低下には注意が必要です。一寸でも目を離していると、子供は平気で目を悪くします。子供の視力低下は保護者の責任です。親としては視力低下の原因を認識して、予防や対処に務めるべきだったかもしれません。眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これは文明の進化の弊害ともいうべき現代の症候群とも言えるかもしれません。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

このミドリンMやミオピン、サンドールPはその使用に関しては疑問視する眼科医もいます。眼科は視力回復センターではなく、眼鏡店を傘下に抱いているという悲しい事実を思い起こしてみる必要があります。実は眼科では視力回復はレーシック手術以外は不可能としています。ここでしぶとい親なら諦めずに子供のためにまだ何とかしようとするでしょう。悪あがきですか?実のところは無駄ではないかもしれません。あなたが知らなかった真実があるかもしれません。

しかし結局その薬でしばらく視力の推移を見ながら診察を続けることになります。

眼科医で処方される仮性近視の改善のための点眼薬サンドールP等があります。ゲーム機やスマートフォン、携帯電話、どれも仮性近視を促進させる要因が日常生活には溢れています。

仮性近視の子供の親の愚かさは子育てへの反省や後悔ばかりで、真の解決策を見いだせないことです。結局「メガネが必要です。」と眼科で診断されてしまうのです。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視の段階ならラッキーでと捉えましょう。真性近視という、近視確定、即メガネという診断にならなければ、まだ救いの道はあります。しかし点眼液に頼るのではなく、手遅れにならないように先手を打っておかなければならないことがあります。仮性近視は治ります。でも眼科に頼るだけでは悪くなるばかりかもしれません。子供が仮性近視と診断され慌てている親たちの気持ちを受け止めてくれるような視力回復法があります。

« スマホのゲームアプリはこどもの視力の敵 | トップページ | 本当に眼に悪いのだよ!スマホのゲームアプリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療を本気で考える人のために:

« スマホのゲームアプリはこどもの視力の敵 | トップページ | 本当に眼に悪いのだよ!スマホのゲームアプリ »