« 子供の視力回復~近視治療ストーリー | トップページ | 視力低下を招く主犯は任天堂3DS »

2019年3月 4日 (月)

子供のための視力アップ

子供が目を一旦悪くして、それでもなんとか仮性近視から一時的に視力が回復しても、この先同じことの繰り返しが起こるのは必定です。仮性近視で処方されたミドリンMやミオピン、サンドールP等は有効な場合もありますが、使い方によってはとても危険です。眼科は視力回復は専門外といってもよいでしょう。処方された点眼薬ですが、この薬の作用や内容をご存知の方は意外に少ないのです。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

こどもが仮性近視にならないようにするには、日常的な注意が必要です。油断しているとアッという間に眼を悪くします。子供の視力低下は保護者の責任です。親としては子供のために視力低下の知識を事前に得て、多少厳しくても正しい指導をすべきであったかもしれませんね。この薬を仮性近視に使用するのを疑問視する声もあります。

眼病を治すのが眼科医の本来の大義と捉えていて、視力低下はいずれメガネで矯正と当然のように考えている眼科医が大半でしょう。眼科に頼るならミドリンM等の点眼薬が淡い期待を持たせてくれます。この時点ではあなたは気づかないかもしれませんが、じつは大きな落とし穴に落ちてしまっているのです。資本主義経済の罠と行ったら大げさでしょうか。

眼科でお子さんの仮性近視を治そうとする熱意を感じたでしょうか?熱意がないのには当然の理由があります。ただその事実を知ってしまうと、あなたはご自分の思慮のなさを悔いることになるかもしれません。

眼科医の意見を鵜呑みにしてそのまま通い続けると、ある時「そろそろメガネがないと生活に支障がでますよ」などと不安を煽られるようなことを言われます。子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。嘆かわしいのはこうした最先端の娯楽機器の誘惑が子どもたちに襲いかかり、その提供企業は自信の利益を再優先して、良心的な対策を取っていない事です。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

眼に悪い現代社会の環境、でもそんな環境だからこそわが子にしてやれることがあります。またそれは親の責任でもあります。

« 子供の視力回復~近視治療ストーリー | トップページ | 視力低下を招く主犯は任天堂3DS »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供のための視力アップ:

« 子供の視力回復~近視治療ストーリー | トップページ | 視力低下を招く主犯は任天堂3DS »