« 子供の視力回復~まだまだ視力復活 | トップページ

2019年3月14日 (木)

子供の視力回復~視力改善計画

でも子供の仮性近視ならまだ間に合うかもしれません。早いうちなら視力回復トレーニングが有効です。

子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視の段階ならラッキーでと捉えましょう。真性近視という、近視確定、即メガネという診断にならなければ、まだ救いの道はあります。効くはずもない点眼液の洗礼を経て、やがて眼科医から「メガネがないと授業に差し支えますね」とドキッとする言葉を投げかけられ諦めの境地がやって来ます。仮性近視のお子さんが眼科で検診だけを続けていては手遅れになる、これはある視力回復インストラクターが自信を持って言い切った言葉です。さてその真偽は?

眼科医で処方される仮性近視の改善のための点眼薬ミオピンP等があります。そして数週間様子を見ることになります。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

医者によっては「危険を伴うので使わないほうが良い」と言う人もいるくらいです。

このミドリンMやミオピン、サンドールPはその使用に関しては疑問視する眼科医もいます。子供の視力低下が増えています。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。これは現代社会が眼にやさしくない状況をもたらし続ける限り、こどもたちの視力が危険に曝されている状況からは抜け出せないでしょう。兎にも角にも、わが子の視力低下は、親の責任できちんと予防しなければなりません。

眼病を治すのが眼科医の本来の大義と捉えていて、視力低下はいずれメガネで矯正と当然のように考えている眼科医が大半でしょう。こどもが仮性近視にならないようにするには、日常的な注意が必要です。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。親としては子供のために視力低下の知識を事前に得て、多少厳しくても正しい指導をすべきであったかもしれませんね。眼科で近視の患者が治ってしまえば、近くにある系列の眼鏡店が儲からなくなってしまいます。こうなったらあなたは眼科医の不誠実だが責めることのできない見えない策略に子供を陥らせてしまったのです。もうほとんど手遅れだと言って良いでしょう。

« 子供の視力回復~まだまだ視力復活 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力改善計画:

« 子供の視力回復~まだまだ視力復活 | トップページ