« 視力低下を招く主犯は任天堂3DS | トップページ | 子供の視力回復~視力改善計画 »

2019年3月10日 (日)

子供の視力回復~まだまだ視力復活

眼科医によってはこのミドリンMやミオピン、サンドールPは効き目は殆ど無いと言い切ります。眼科医で処方される仮性近視の改善のための点眼薬サンドールP等があります。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

眼科医で視力が回復すると考えているなら愚かなことです。こどもの視力低下には注意が必要です。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。こどもが仮性近視になったのは、親の躾が悪かったのは明らかです。親としては視力低下の原因を認識して、予防や対処に務めるべきだったかもしれません。子供の視力が低下の危機に瀕しています。これは文明の生み出す利点により犠牲となってしまった現代社会の副産物的現象です。現代社会の意識がこうした事実に真剣に対処しなければ、子どもたちの犠牲が増え続ける一方であることは間違いありません。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

この薬を仮性近視に使用するのを疑問視する声もあります。

こうなったらあなたは眼科医の不誠実だが責めることのできない見えない策略に子供を陥らせてしまったのです。もうほとんど手遅れだと言って良いでしょう。

仮性近視を治せないまでも、治そうとする努力をする眼科医もいます。しかし仮性近視は眼病ではないと当たり前のように放っておく眼科医が多いのも事実です。

眼科医の意見を鵜呑みにしてそのまま通い続けると、ある時「そろそろメガネがないと生活に支障がでますよ」などと不安を煽られるようなことを言われます。仮性近視が視力回復してもまた悪くなる可能性は大です。正視の状態を維持する努力が必要です。子供が目を悪くしてしまうと、子供の仮性近視で最初に頼るのは診断した眼科医の判断です。そして数週間様子を見ることになります。

« 視力低下を招く主犯は任天堂3DS | トップページ | 子供の視力回復~視力改善計画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~まだまだ視力復活:

« 視力低下を招く主犯は任天堂3DS | トップページ | 子供の視力回復~視力改善計画 »